睡眠時無呼吸症候群治療ができる病院

HOSPITAL SENTENCE

新着情報

hospital01

行為

治療とは、病院等で行われている疾患や怪我を治癒させたりする医療行為の事です。医療行為とい…

続きを読む

施設

hospital02

病気の治療を行う事が出来る施設の1つに病院という種類があります。
病院と似た様な施設というのも存在していて、診療所や、医院や、クリニックと言うような名称で呼ばれています。
この病院や診療所には明確な違いというものが存在していて、その違いというのは、医療法によって定義されています。

その違いは施設の大きさです。診療所では病床は、無床であったり19床以下の施設であり、20床以上である入院施設があるものは病院となります。

歴史

treat

日本での最初の病院は1557年にポルトガルの宣教師であるアルメイダによって作られました。
このアルメイダは1558年には医学教育も行っていました。
そのため、このアルメイダという名を冠した病院が大分県に現在も存在しています。

種類

病院には様々な種類が存在しています。
国立、公立、大学、総合、特定機能、救急指定といったようにその種類は非常に多いです。
それぞれに違いはあります。例えば、国立は厚生労働省が直接経営しているものですし、公立は地方公共団体が経営しています。大学のものは大学の附属施設となっています。

このように様々な種類があり、それぞれに経営している所が違っていたり、特殊な医療を行うための施設であったりするのです。
しかし、どこが経営している施設でも、一定水準以上の医療を受けるという事が出来るため、安心して治療を受ける事が出来ます。

診療所とは違い入院設備も整っており、様々な診療科を持つ所も多いため、睡眠時無呼吸症候群等の治療を受ける診療科がわからないというような場合であっても、適切な診療科で診察を受ける事が出来ます。

ホットトピック

hospital01

行為

治療とは、病院等で行われている疾患や怪我を治癒させたりする医…

breath

概要

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中の呼吸に異常が出て、様々な身体…

カテゴリー